フリーランスはヒマなのだ

フリーランスのお友だち〜本・映画・テレビ・ネット

うp?XOXO?SM2?おねがいおねがいお願いだからルビうって

ウエブ上でよく見かける単語だけど、なんて読んでいいのかも意味も知らなかったのが、これ。
 
「うp」
 
ずっと「うぴー」かな、と読んでたけど、「うぷ」らしいですね。
 
意味は、ファイルをサーバーにアップロードすることらしく、「UP」を日本語入力すると「うp」となることが由来のようです。なんともステキなネーミングで感心してしまいます。
 
本田△の意味をはじめて知った時も、あまりの素晴らしさに感動さえしました。
「オワコン」も合コンや街コンの一種で、「尾張名古屋のコンパ」かと思ったけど違いましたね。
 
これらは限られた世界内での単語だから読めなくてもハハハハですみますが、そうはいかないものが世には氾濫しているから困ります。
 
 
最近はもうないだろうけど、スマホ出始めの頃、iPhoneなんか手にしたおっさんが電波を探すしぐさを見せながら「この店ってウィーフィーつながるかな」なんてしている姿は微笑ましく、一緒にいる若手社員よ教えてやれよと言いたくなってしまう。
 
とかいう自分も、
スマホなどをモデム代わりに使ってネット接続するアレ、アレのことをずっと「デザリング」と言ってたけど、正しくは濁らない「テザリング」だと知った時、いままでどこで誰の前でこの単語を口にしたかと記憶を呼び起こしたりもしました。
 
 
 
ブランド名がこれまた曲者中のクセモノ。
Kaepa?Kappa?まーどっちもカッパでいいじゃん。いっそonegaiの事「河童」にしちゃえ!
 
 
agnes b.はアグネスビーじゃだめなの。ビーもべ~もそうそう変わらない。
 
XOXO。これは厄介です。キスダメ!キスいい♡キスダメ!キスいい♡と駆け引きそのものの「キスキス」だって、そんな無茶な。
 
Jocomomolaはこれまた難問奇問。ホコモモラっていったいなにもん?怪獣?
 
INGNIときたら、上から読んでも下から読んでもイングニかと思いきや、イングで、だったら最後の「I」はいらないじゃん。
 
SM2がサマンサモスモスだなんて、ここまでくるとひっかけ問題にしか思えない。
 
 
こうなったら知識を得て正しく読もうと思わず、堂々とまちがえてホントはなんて読むの?と問おう。案外目の前の相手も知らないぞ。
 
最後にもうひとつ、
le coq sportif?このルコックのマークが混乱を招く。あれ鶏でしょ。だからあのマークから推測して、le coq を「うこっけい」と読んだ人もいるとかいないとか。
「うこっけい」で思い出したけど、「殺気」を「ころっけ」と読んだ人もいるとかいないとか。
 
まあ、こんなんだからスタバで注文するとき緊張するんだ。