フリーランスはヒマなのだ

フリーランスのお友だち〜本・映画・テレビ・ネット

カーリング女子「そだねー」は世界を救う

「センターガードをまず置きに行きます」「ダブルテイクアウト狙いですね」
 
この人は予言者か?!
 
カーリングのテレビ中継では、まるで予言するかのように、解説者が次なる一手を正確に教えてくれます。
なるほどそこは氷上のチェスと呼ばれるカーリング、ストーンの配置や展開から導き出される定石のようなものがあるからなんですね。
 
チェスや囲碁の場合、駒や碁石をひょいと指でつまんで目指す盤上に置くわけですから考え方は間違っても、そのアクション自体にはミスはありえません。
 
対してカーリングは、それを氷の上で行うから厄介です。
強引に例えるならそれは、ローションを塗りたぐった指先で碁石を運ぶようなもの。滑って落として違うところに指しても受け入れるしかない。
 
 
なにが起きるかわからない「筋書きのないドラマ」がスポーツの醍醐味だとしたら、なにを起こそうとしているのかわかってはいるが「筋書き通りにはいかない」のがカーリング
 
 
 
カーリングは4年に一回しか目にしないけれど、今年ほどじっくり見てしまった冬はない。
なぜか?
きっかけはもちろん、「そだね〜」と4人の笑顔、なんですが、それだけではありません。
 
 
1:簡単そうで複雑
ルールがよくわからないまま見始めて、解説を通じて知るにつれ、「あそこに置くと次に相手はこうして〜」とにわか分析をしたくなって、あたかも5人目の選手かコーチになった気分が味わえる。
 
 
 
2:流れる時間が心地よい
ストーンが氷を滑っていく時間が速くもなく遅くもなくこれまた絶妙で、しかもその優雅な滑りとは真逆の激しいスィーピングが不思議な時間感覚を生み出している。
 
 
 
3:歩くのでもなく走るのでもなく平行移動
試合中、選手たちはハウスとストーンを投げる位置との間を何度か往復します。
片足を氷に設置させたまま、もう一方の足で氷を蹴り、風を切るように滑っていきます。
その姿は、まるでイオンモールをローラーシューズですいすい縫っていくおさげ髪の少女たちのよう。
自転車、セグウェイに次ぐ未来の移動手段を垣間見るようです。
 
 
 
4:審判はどこにいるのだ?
審判がいない。
ストーンの微妙な距離はメジャーで測るらしいですが、ほとんどが選手自らで得点を決めている様子です。
日本が銅メダルを決めたイギリス戦でも、誰かが日本の勝ちをコールしたわけでもなく、イギリス選手が手袋を脱ぎ握手を求めた(敬意を評した)ことで勝敗が決したという、なんともジェントルなスポーツ。まだエンドが残ってるのに負けを認めることもあって、潔い。
 
 
 
5:あえて点を取らせるだと?
得点を重ねていくことが勝利への道であるはずなのに、カーリングは有利な後攻を得るために、あえて相手に点を取らせている。
損して得とれ?急がば回れ?急いては事を仕損じる?情けは人のためならず?
 
それとも最初は無料であとから「いただきます」の、フリーミアムか?
 
 
 
 
6:極めてテレビ向き
テレビ中継ではいつもハウスを真俯瞰から捉えた映像が出てくるのですが、試合中選手たちにも、あの真俯瞰映像は提供されているのかどうか。
もしあの真俯瞰はテレビ視聴者だけの特権だとしたら、選手は平面上直線上に見えるストーンしか把握できないのか。
となると、平面での見え方、味方の指示から瞬時に頭の中で真俯瞰映像をバーチャルに描き出しているのか。
 
サッカー選手もそうで、テレビやスタジアムで見ていると、フィールド全体を把握できるから、左サイド空いてるとかスペースがあるって分かるけど、同一平面上の選手たちは遠近でそれを把握するしかない。
優秀な選手は俯瞰で把握できるらしいけれど、凡人にはその感覚が理解できない。
イラストやマンガでも、3次元的な絵をパッと描けちゃう人いるけど、それと同じ能力が、経験によって養われていくのでしょうかね。
 
 
 
 
7:ピンマイクがもたらすもの
なんたってカーリングの最大の魅力はピンマイクの着用。
「そだねー」「いいと思う」「ナイッス〜」だけでなく、「次にどうしようか」の声がきこえてくることが、どれほど観る者の興味を高めてくれることか。
 
いつも思うのです。
例えば野球やサッカーの選手交代のとき、コーチと選手がなに話しているか知りたくて仕方がない、映画やドラマのメーキングで監督がどういう言葉で演技指導しているか知りたくて仕方がない、カフェの隣の席でなに話しているか気になって仕方がない。
クローズドな空間での会話は人間性がもっとも表れ、その人に興味や好意を持つかの試金石となります。
 
小平奈緒選手がレース後韓国の選手とどんなコトバをかけあったか、羽生結弦選手が宇野選手の頭を撫でながらどんなコトバをかけたか、を後から記者たちが質問するのはそんな理由からなのでしょう。
みんなが知りたい「そこ」を、しっかりとリアルで届けてくれるカーリングは、スポーツという意味では不思議なスポーツです。
 
だって、作戦会議を対戦相手だけでなく、全世界にオープンにしているわけですから。
「なにを起こそうとしているのかわかってはいるが、筋書き通りにはいかない」カーリングの寛大さがそこにあります。
 
 
ところで、会場であの声は聞こえるのかな?観客は真俯瞰映像どこかで聞けるのかな?中継のように解説をどこかで聞けるのかな?
これら全部がテレビの特権だとしたら、素人は会場で見ちゃいかんね。
 
 
 
 
8:ピンマイクの成功からスポーツ鑑賞が変わる予感
ピンマイクは、トリノオリンピックから採用されたとのことですが、この演出は画期的かもしれない。もっと注目すべきポイントかもしれない。
 
オリンピックを機に、どんどんと映像技術が進化して、スーパースローとか分解とかリアルタイムCGとかが取り入れられ、それはそれで見ていて「おっ」と思いますが、案外とシンプルに基本中の基本の「音声」をしっかりと捉え、届けるほうがスポーツ観戦は面白くなるのかもしれません。
 
東京オリンピックから全選手にピンマイクの着用を義務付けて欲しい(軽量化技術を進めて)。
そうすると、選手たちの息遣い、コーチとの会話、ライバルとの駆け引き、試合後の称えあいなどが、リアルタイムで届けられ、臨場感は倍増間違いなしです。人間性も分かるしね。
 
 
 
 
9:「そだねー」は思いやりを育てる
ピンマイクのお陰で全世界に届けられた「そだねー」
英語で言うと「I think so.」「I agree with.」「You are right.」になる?
 
北海道弁なのかどうかは知りませんが、4人が話し合い、出た結論は「そだねー」。
「そだねー」は肯定のコトバ。相手を尊重するコトバ。
 
 
今や毎日どこかで燃え上がっている炎上やクレームの嵐。
差別だ偏見だそういう人ばかりじゃない押し付けだバカにしてるとの声があがって怖くてなにも発言できやしない。
そんなとき反論やクレームする前にひと呼吸して「そだねー」と呟きましょう。
「そだねーそういう意見もあるねーいいと思う」
 
 
「こんな企画ぜーんぜんダメ」と否定から入る会議は、明日から「そだねー会議」と名前を変えれば意識も変わる。
 
行き詰まったら「もぐもぐタイム」で気分一新。
 
車が割り込んできたら「そだねー」
 
女性専用車両に間違えて男性に乗り込んできたら「そだねー」
 
注文した料理が来るのが遅くても「そだねー」
 
 
「そだねー」を流行語に終わらせてはいけません。
 
 
 
 
 
 
最後に、名古屋人から
カーリング女子が名古屋人だったら】

 

f:id:ume_tubu:20180225190211j:plain

f:id:ume_tubu:20180225190216j:plain

 

バレンタインデーの小さな奇跡

「学校」という場が生活の半分以上を占めていたあの時代の2月14日、男子たちはところどころで小さな芝居を繰り広げていた。
自転車置き場、下駄箱、体育館裏などでなぜか一人になりたがり、そしていつもより少しだけ長めに、靴紐もなんども締めなおしたり、自転車のタイヤの空気を確かめたりと、その場所にとどまる必然性を演出していた。
にもかかわらず、多くの演技が空振りに終わり、チョコレートを手にすることなく帰路についた。ため息がカレンダーをめくり、日付は15日に替わった。
 
 
 
「学校」という場から離れ、大人になっても、自転車置場は変わらずドラマを見せてくれます。
 
2018年2月14日の朝、最寄り駅の駐輪場での出来事です。
 
その駐輪場では、蛍光色のジャンパーを着た高齢者の方が2名、朝の時間帯はいつも自転車の整理をしてくれています。
その日の朝、自転車を停め、駅へと向かおうとした私とすれ違いに、ひとりの中年女性が駐輪場に駆け込んできました。
 
彼女は蛍光色おじさんたちに小走りで近寄ると、手にした小さな紙袋からなにかを取り出し手渡しました。
 
「なに?」と不思議がるおじさんたちに「バレンタインデーですから」と彼女。
つづけて「いつもありがとうございます」とお礼を述べる声が聞こえました。
 
私は電車の時間が迫っていたのでそれ以降の会話を聞くことは出来ませんでした。
でも、おそらく微笑ましく、ときおり年寄りらしい冗談を交えた会話が交わされたことだろうと想像できます。
 
 
チョコレートメーカーのGODIVAが「義理チョコをやめよう」という新聞広告を出しました。
義理であろうが本命であろうが、もらえるものはなんでも頂きます主義の自分は、この主張に賛成でも反対でもありません。
 
 
ただひとつ、2月14日朝に出くわした駐輪場での光景に「義理」の匂いは一切ありませんでした。
 
電車の時間が迫っているとついつい自転車を小さな隙間に押し込んだまま駅へと急ぎます。少し斜めになっていてもそのままにして駅へと急ぎます。
でも帰るころ、自転車はきちんと規則正しく並べられています。
 
もちろん自転車自らが自動で整列するわけもなく、誰かがやってくれています。
 
 
自分にとってその「誰か」は名前も住所もなにも知らない「誰か」でしかなかったのですが、その日チョコレートを持ってきた彼女にとっては「誰か」ではなく、「感謝」の対象でした。
その中年女性はいつも自転車を停め、おじさんたちに出会うたび「ありがとう」と口にしていたのでしょう。
そしてコトバではなく、形にして表せる日。それが2月14日だった、ということです。
 
 
どうせ自転車並べても並べるところを誰かが見ていてくれるわけでもなし、ましてや感謝されるわけでもなしと、直接的な評価が得られない行為にモチベーションを与えるのはなかなかに難しいものです。
 
でも、どこかで誰かがたしかに見てくれている。
 
そんなことを証明する日、それが私が出会った2018年2月14日でした。

オリンピックがあると平凡な冬でなくなるか

平尾昌晃オリンピック、略して平昌オリンピック盛り上がってますか。

 

1997年の民放連コマーシャルのコピーに「オリンピックがなければ平凡な夏でした」というのがありました。 

オリンピックの年になると「ちょっと走ってくるわ」となったり「4年前は水泳だったね」と子どもに言われたりのお父さんが出て来るコマーシャルです。 

ま、分からないでもありません。 

f:id:ume_tubu:20180218194522j:plain

f:id:ume_tubu:20180218194526j:plain

 


 

自分も4年毎に「自分がオリンピックに出るとしたらどんな競技があるかしらん」と夢想したりするからです。 

でもやっぱりこれでしょうねこれ。4年に一回Facebookに書いちゃうこれ。
100mピッタリで止まる者だけに、世界最速の栄誉は与えられる。 
 

名づけて「100mピッタリ走」
100mは100mで止まらなきゃ。 

f:id:ume_tubu:20180218194555j:plain

それにしてもどうして夜の10時とか11時とかまで競技やってんの。
選手のコンディションや開催国の視聴者よりも優先すべきことがあるって… 

なんだかな。

NHK「手書き倶楽部」入部希望です

何を隠そう、隠すことでもないですがテレビが大好きです。

毎朝ひと通り新聞を読み終えた後、コーヒーを飲みながら新聞のラテ欄を隅から隅まで眺め「お!」という番組を次から次へと録画予約してくのがルーティンとなっています。


3日土曜に「お!」となったのは、NHKBSの「手書き倶楽部」
ラテ欄の解説には「発見くせ字の魅力!店看板」とあり、なんだかそそられます。

 

翌日曜見てみました。おもしろかったぁ〜。

www4.nhk.or.jp

 

もう最近では手書きで長い文章書けない体質になってしまい、殆どがキーボード。手書きは普段持ち歩いているアイデア用ノートの中だけになってしまっています。

ということで、以下は手書きで。

f:id:ume_tubu:20180205184032j:plain

f:id:ume_tubu:20180205184038j:plain

 

読書家のマニマル浜口氏。

道場の壁に、読んだ本の中からの言葉や自分自身の言葉を「え〜いキャンバスだ」と書きなぐっています。
手書きの言葉は、書いたときの感情も合わせて目に飛び込んでくるから常に自分を振り返るには欠かせないのでしょう。

f:id:ume_tubu:20180205184122j:plain

f:id:ume_tubu:20180205184127j:plain

f:id:ume_tubu:20180205184140j:plain

 

レコーダーでなくその瞬間瞬間の言葉を書きなぐっていく新聞記者の手書き。

当然すべての発する言葉を書き写すことなどできなく、その時自分がどの言葉に反応したかを知る道標なんでしょうね。

f:id:ume_tubu:20180205184204j:plain

 

驚いたのは稲川淳二さんの手書き。デザイナーでもある稲川さんのまさに「人」が表れています。間違えた文字を書き直すときもそこに残るのはデザイン。オシャレです。

f:id:ume_tubu:20180205184234j:plain

f:id:ume_tubu:20180205184240j:plain

f:id:ume_tubu:20180205184253j:plain

 

女子文字の変遷なんてのもあり、あああ、あのころもらった幾つかのラブレターを思い出してしまった(エヘ?)

f:id:ume_tubu:20180205184341j:plain

f:id:ume_tubu:20180205184346j:plain

 

強烈な看板、ギョーザじゃなく、ギヨーザ。強烈です。

f:id:ume_tubu:20180205184406j:plain

 

ここからは我が家にある手書きを探してみました。

そうそうこれ。

愛蔵版「はっぴいえんどの風街ろまん」の歌詞カードは松本隆氏の手書き。う〜ん詞は手書きがいい。

f:id:ume_tubu:20180205184458j:plain

f:id:ume_tubu:20180205184503j:plain

 

いいね〜手書き。

NHK「手書き倶楽部」は来週10日の放送の2回だけ、とのこと。

ま、たしかに長く続けるネタではないかもしれませんが、おもしろかった。

 

美しい日本のくせ字

美しい日本のくせ字

 

 

全額補償の「コインチェック」と、かたや法人優先で個人は難しい「はれのひ」

どんなもんかいなの様子見と今のうちに勉強しとこのコインチェック登録で、

持ってるのはNEMXEM)じゃなくBTCとETHで、

しかも雀どころか蚤の涙ひとしずく(コーヒーとパンケーキ食べたら終わり)程度だけだからまったく影響なんてないけれど、

日本でのNEMが580億円て!他の仮想通貨と合わせたらこの市場って今いったいどんだけの規模になってんの?


しかも従業員70名強資本金9200万円設立からたった6年の会社が謝罪会見翌日に88,549円×26万人の保有数を補償しますって、コインチェックどんだけキャッシュ持ってんの?


長年研究開発してモノ作ったり売ったり大きな工場建てたり規模拡大したり下請け叩いたりで商ってきたいままでの当たり前がぐらぐら崩れていく事件(と結果)です。


なんかなんかこれまでの実体がひとつひとつバーチャルに移り変わっていく不気味さがあるけれど、でもこれ、たしかにリアルな出来事だから冷静に冷静に。

 

 

リアルといえば
はれのひ」被害の返済は、法人優先で個人への補償はむずかしい、らしく、なんだかこちらはリアルすぎて皮肉です。

news.yahoo.co.jp

 

 


こういう事件の後、コインチェック取締役の書いた本を読み返すと、オフラインで管理(コールドウォレット)してあるから安心です!て書いてあるから面白い。でも、この記述はたしかにビットコインの話でNEMXEM)じゃないからいま読み返すとツッコミどころを回避しているのが見事な編集です。

f:id:ume_tubu:20180128180938j:plain

f:id:ume_tubu:20180128180944j:plain

 

いまさら聞けない ビットコインとブロックチェーン

いまさら聞けない ビットコインとブロックチェーン

 

 

 

 

おじさんは思う。「ポプテピピック」は平成の「ゲバゲバ90分」だ!なーんてことどうでもいい

ななななななんと申し上げればいいのかまだアタマん中が整理できてなくレビューにあるとおりに「クソアニメ」なんですが、この「クソ」ってのが最大の賛辞であることは間違いありません。
なーんとなく1話の冒頭からながら見を始めたけど、本編に入ると(もはや本編そのものがどれかもわからない)、その強烈さは、パワハラに遭い、財布を落として、雪道で転んで、不倫が見つかって、プレゼンに負け、ビットコインが暴落して、のショックがゲリラ豪雨のように一気に押し寄せてきたような感があって立ち上がれず、その結果、こんな文章を書くに至っています。
 
 
 
しかし既視感が。
昭和時代ブラウン管にかじりついていた世代にとってこの構造はあれだ。火曜の夜放送に間に合うようぶっ飛んで帰った「ゲバゲバ90分」だ。「ゲバゲバ90分」を平成の時代に繰り返すとこういうアニメになってしまうのか。

 

巨泉×前武 ゲバゲバ90分! 傑作選 DVD-BOX

巨泉×前武 ゲバゲバ90分! 傑作選 DVD-BOX

 

 


ゲバゲバ90分 1/4 (大橋巨泉さん追悼)

 
なーんて分析なんかどうでもいい!
 
と、怒られそうなほど突き抜けている。
 
 
 
再放送は声優を変えているとかで、声優の古川登志夫氏はこんなことTwitterで言っている。
 

<声優個々の演技論の違いが明確に分かるポプ子とピピ美の複数キャスティング。ある意味、俳優教育、声優教育に一石を投じるコンテンツにも思える。基礎訓練(土台)は同じでもその上に建てる演技論(家)は多様。極論にせよ「演技論はプロの表現者の数だけ有る」は成り立つ>

 

 
不快?深い?案外かなり実は深いぞ「ポプテピピック
1話だけで離脱せず、2話3話といくほどに、あ!そうか!だから「ポプテピピック」は、
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
そう、オチなんてものはない。

目覚ましアプリ「Sleep Cycle alarm」が役に立たない家庭がある

ここ1ヶ月ほどスモールデータを集めている。集めるためにすることは何もなく、
夜眠る前に、Sleep Cycle alarmというアプリをセットして、ただいつも通りに眠るだけ。

Sleep Cycle alarm clock

Sleep Cycle alarm clock

  • Northcube AB
  • ヘルスケア/フィットネス
  • 無料

 
マイクで拾った音情報と加速度センサーによる身体の動きを検知して、眠りのサイクルを記録してくれる。
深い睡眠と覚醒の周期は、山もあれば谷もある。

f:id:ume_tubu:20180121193528p:plain

f:id:ume_tubu:20180121193533p:plain

f:id:ume_tubu:20180121193543p:plain


谷から山へと向かう曲線をクローズアップして眺めればそれは右肩上がりで、山から谷へと向かう曲線をクローズアップすればそれは下降線。


局部だけを見れば、まるで最近のビットコインの乱高下のようで浮かれたり落ち込んだりもするけれど、広い視野で俯瞰すればそれは周期というもの、自然そのもの、心配ない。

f:id:ume_tubu:20180121193602p:plain

 

このアプリ、いびきも録音してくれる。まったくいびきを欠かない0分の夜もあれば、トータルで24分の夜もあった。

f:id:ume_tubu:20180121193618p:plain


20日経てば自動消去されるが、いびきは再生もできる。
時おり再生してみるが、それはいつも「いびき」そのものでホッとする。


もしもいびきでないモノ、例えば、誰かの囁き、笑い声、うめき、叫び、壁をこするような物音だったら、いったいその夜なにがあったんだ!と余計な妄想が始まり、ホラー映画のネタとなり、いますぐプロットを書き上げねばならない。

 

 

このアプリ、目覚ましの時間をセットすると、その設定時間に近いもっとも眠りが浅いタイミングに、静かにアラームを鳴らしてくれる。リラックスした状態で自然と目が覚めるのを促してくれる。


しかし、この機能が役に立ったことがない。


設定時間の大体1時間から1時間30分前に、マイクで拾えないほど静かに耳元に忍び寄り、顔をつつき、起きるまで「起きろ!」とミャーミャー言う、しつこい奴がいるから。
Sleep Cycle alarmの目覚まし機能は、ネコがいる家庭にはおすすめできない。

f:id:ume_tubu:20180121193640j:plain

こいつが我が家のalarm cat

小室哲哉会見全文を読んで、不倫を超えて考えよう

全盛期の90年代、彼と彼のファミリーといわれる人たちの音楽は、テレビや喫茶店、ラジオのヒットランキングのなかでしか触れ合わない、そんな存在の音楽でした。
正直あのサウンドの良さが分かりませんでした。
だから、ファンの人には申し訳ないですが、引退しても、自分の人生には特に影響もなく、あ、そうなの、が本音です。
 
でも、なぜか気になって会見の全文を読んでみました(テレビやYouTubeは見ていない)

 

ニュースの見出しだけ見ると、また不倫かよ、不倫ぐらいで引退するなよ、でしたが、全文を読んでみると単なる不倫謝罪会見を超えた深いものがありました。

 
 
介護の現実、弱音を吐き出すことが許される場所や人を求めざるを得ない弱さ、時代と年齢のギャップ、才能の枯渇、ヒットが生まれない焦り、そして男性機能の告白まで触れていて、遅ればせながらはじめて、小室哲哉という人の凄さ、というか潔さ、というか強さを知った気がします。
 
 
なによりも切ないのは、不倫を「報道された」ではなく「報道していただいた」のような言い回しもあることです。
そこには大きなもの(著名・期待と介護という現実)を背負わざるを得なかった者の<人知れず>を解放できた、「安堵」にも似たニュアンスも感じられて、なんか辛い。
 
 
最後の挨拶で「僕たった一人の人間の言動などぜんぜん、日本であったり、社会が動くとはまったく思ってませんが」と語っていますが、いや、動くでしょう、動かなきゃダメでしょ、日本。

 

logmi.jp

logmi.jp

logmi.jp

logmi.jp

 

介け合い戦記 介護社会の現実

介け合い戦記 介護社会の現実